Webサイトの「スマホ対応」はもう古い?!
スマホ イメージ スマホ イメージ これからの時代は

モバイルファースト

レスポンシブWebデザイン!

モバイル対応は必要?

2015年時点で、国内のインターネット利用者数は約1億46万人となり、端末別インターネット利用状況をみると…
パソコン画像
PC
スマホ画像
スマホ
2014年
53.5% 47.1%
2015年
56.8% 54.3%
スマホ利用者大幅UP大幅アップ
スマートフォン利用状況の成長率は、パソコンよりも圧倒的に高く、今や、個人利用のみならず、ビジネスの場においてもスマートフォン利用状況は増える一途をたどっています。(出展:総務省)
スマートフォン利用状況が増える中・・・
Googleも
モバイルファースト
を推奨
従来のWebサイトは、PC用サイトが基本にあり、それをモバイル対応(スマホ対応)させる、という考え方でしたが、今後はモバイル用のWebサイトを基本に、それをPCへも対応させる、という「モバイルファースト」という考え方に基づいてWeb展開を考えることが推奨されることになりました。
Webサイトのモバイル対応は必須!
どの様な形であれ、情報を発信するWebサイト。集客、情報発信、ブランディング等、Webサイトの目的は様々ですが、公開したWebサイトを便利に活用してもらうためには、今後、Webサイトのモバイル対応は必須と言えます。

モバイル対応しないままだと

  • スマホ端末からのコンバージョンを取りこぼす

    ビジネスにおいてもスマートフォンからのインターネット接続は一般的となって来ました。業種に関わらず、多くのWebサイトは、スマートフォンからのアクセスの割り合いは高くなっており、モバイルで見やすく表示されないWebサイトは、お申し込みやお問い合わせなどのコンバージョンを取りこぼしてしまいます。
  • SEOで不利になる可能性

    SEOで不利になる可能性Googleはモバイルファーストの考え方を推進しており、検索エンジンにも取り入れることを発表しています。モバイル対応していないWebサイトは、今後SEOの面で不利になっていくと言われています。
  • 見てもらえない

    スマートフォンに最適化されたWebサイトが当たり前となっていく中、PC用サイトをそのままスマートフォンに表示させていると、ユーザーは開いた途端にWebサイトから離れてしまいます。また、ユーザーは時間をおいてスマホとPCを併用しながら同じWebサイトを何度か閲覧することも少なくありません。モバイル対応は、スマートフォンのためだけではなく、ユーザーの関心の継続と、利便性に貢献すると言えます。
  • SNSで拡散されない

    記載している内容が同じであっても、見え方によって伝わりやすさは変わります。また、スマートフォンで見難いWebサイトを、他人と共有したいと思う人は多くありません。SNSで拡散されるためには、開いた瞬間にイメージや内容が分かるWebサイトである必要があります。
サイト運営で困った人
Webサイトの「スマホ対応」はもう古い?!
これからの時代はモバイルファーストのレスポンシブWebデザイン!

モバイル対応の方法

  1. 1.レスポンシブWebデザイン
    レスポンシブWebデザイン
    いずれの端末でアクセスしても、接続するURLや表示されるページデータは同一となっています。
    しかし、端末(ブラウザ)の横幅によって、表示のされ方が最適化されるため、Webサイト更新の際、一度の更新ですみますし、何より、スマートフォンだけに特化した対応ではなく、現在最も有効なモバイル対応方法だと言われています。
    レスポンシブWebデザイン
  2. 2.ページ切り替え方式
    レスポンシブWebデザイン
    PCサイトとは別にスマートフォン専用サイトを準備し、アクセスしてきた端末によって、PCサイト・スマートフォンサイトとで表示させるページを切り替える方式です。PCとスマホでURLは同じになりますが、きちんとスマートフォン用に最適化されます。しかし、Webサイト更新の際、PC・スマホ両サイトを更新する必要がある等、運用面でのデメリットも存在します。
    レスポンシブWebデザイン
  3. 3.URL振り分け方式
    レスポンシブWebデザイン
    「ページ切り替え方式」と仕組みはほぼ同じで、アクセスしてきた端末によって、PCサイト・スマートフォンサイトとで接続する先を振り分ける方式です。スマートフォンが出始めた当初は、主流の方法でした。スマートフォン向けのWebサイトを専用で準備するため、スマートフォン用に最適化されますが、PCとスマホでURLが異なっていたり、Webサイト更新の際、PC・スマホ両サイトを更新する必要がある等、運用面でのデメリットも存在します。
    レスポンシブWebデザイン

当社のモバイル対応

弊社は全て
レスポンシブWebデザイン
から考えます。
なぜなら今後も、大きさの異なる新しいデバイス(端末)が登場するたびに、専用ページを準備するかどうかという考えから なぜなら今後も、大きさの異なる新しいデバイス(端末)が登場するたびに、専用ページを準備するかどうかという考えから
1ファイルでフレキシブルに完結できる
「レスポンシブWebデザイン」
が登場した背景が!
今後のことも考えると、レスポンシブWebデザインが最適!
弊社は、今あるスマホだけに対応させるのではなく、今後新たに登場するかもしれない全く新しいデバイス(端末)でWebサイトを閲覧したとしても最適化されて表示されるよう、本来の考え方に基づいた「レスポンシブWebデザイン」でのモバイル対応を実施いたします。
Webサイトの「スマホ対応」はもう古い?!
これからの時代はモバイルファーストのレスポンシブWebデザイン!

実績

弊社でモバイル対応させていただいたWebサイトの一例です。
  • 制作事例1
  • 制作事例2
  • 制作事例3
  • 制作事例4
  • 制作事例5
  • 制作事例6

プラン(料金)

月5社様限定
モバイル対応プラン
静的ページおよび、データベースを利用していないお問い合わせフォームで構築されたWebサイトに限り、
1万円/1ページ
例)6ページのサイトの場合、6万円(税別)
月2社様限定
|これを期に、デザインをフルリニューアルをご検討の方必見!|
デザイン一新プラン
静的ページおよび、データベースを利用していないお問い合わせフォームで構築されたWebサイトに限り、
3.5万円/1ページ
例)6ページのサイトの場合、21万円(税別)
※デザインリニューアル、かつレスポンシブWebデザインによるモバイル対応を実施いたします。
※CMS等、データベースを使ったサイト構築がなされている場合、別途お見積もりいたします。
※いずれのプランも、サイトの構成や、掲載内容は変更しないものといたします。
 デザイン一新プランにつきましては、レイアウトおよび掲載している画像の変更をいたします。
※掲載内容の変更が必要な場合には、別途お見積もりさせていただきます。
※当キャンペーンは、予告なしにサービスの内容を改定する場合や、延期・終了する場合がございます。
Webサイトの「スマホ対応」はもう古い?!
これからの時代はモバイルファーストのレスポンシブWebデザイン!